ぱるねこ日記

SUBシステムを入れた猫

手術まで

2019年7月31日、パールは急性骨髄性白血病で亡くなりました。
1歳7ヶ月という短い命を、精一杯、生き抜きました。自慢の猫です。
パールが毛皮を着替えてもどってくるまで飼い主は待ってます。

手術まで⑫手術へ

4月28日 昼


迷いつつも無事にB病院へ到着。
待合室にはたくさんの人猫犬。びっくりした。
連休中に開いてるって本当に助かりますね。

受付で名前とA病院から来たことを伝えると
「あぁ、パールちゃんですね」と、話が通っている様子。
そこまで待つことなく診察室へと案内されました。


まずはこれまでの経緯を説明。
ここでもエコー検査をさせて欲しい、とのことでした。
(先生はみんな自分の目でエコー画像見たいんですね)
あとは手術しても大丈夫かどうかを判断するために別項目の血液検査をしたい、と。
血が止まりにくくないか、貧血じゃないか、とかを見るらしい。

いったんパールをあずけて待合室へ。


19-05-19-15-58-26-116_deco
かわいいパール。


検査の結果、3つの選択肢を提示されました。


1. SUBシステムを両側に入れる。
術後、腎臓が機能していない場合は透析治療を実施する。

2. 腎ろうチューブを入れて尿が出るかを確認する。
腎臓が機能していればSUBシステムを両側に入れる。

3. 点滴でもう少し頑張ってみる。


3はもう考えていないため、1か2になる。

結局のところSUBシステムしか術はないけれど、
入れたところで腎臓が機能していなければ意味がない。
ただ、現段階では腎臓が機能しているかを確認できない。

分からない状態でSUBシステムを入れてしまうか(1)
腎臓が生きていることを確認してから
SUBシステムを入れるか(2)、ということでした。

2は直接腎臓にチューブを刺して尿を抜き取るため、腎臓の圧を逃がすことはできるが、
麻酔が必要で急性腎不全のリスクもある。あくまで時間稼ぎでしかない。


であれば効率の良い1=即座のSUBシステム手術をお願いすることとしました。


ここからは万が一の話。
術後、腎臓が死んでしまっていた場合は人工透析が必要になる。
若い猫ちゃんの場合、集中的に透析をして
腎臓を休ませてあげることで、腎機能が復活する可能性があるらしい。
ただ、それなりに金額がかかる。

もし腎機能が復活しなかった場合、
週に3~4回の透析で命をつなぐことはできるが、
月に60万程かかる。
そんな猫ちゃんは飼えない、見守るしかない。

そんな説明をしてくださいました。


手術がうまくいくこと、腎臓が死んでいないこと。
あとは祈ることしかできない。

がんばれパール。


手術まで⑪B病院への転院

4月28日 朝


転院の相談をしにA病院へと向かいました。
診察室へ入ると、まずはパールの状態の説明から。

・BUN >140.0 判定不能 →  >140.0 判定不能(基準値:17.6~32.8)
・Cre 11.21 → 12.79(基準値:0.8~1.8)
・Na 151 → 146.8(基準値:147~156)
・K 7.0 → 5.40(基準値:3.4~4.6)
・Cl 121 → 115.8(基準値:107~120)

一番気がかりだったカリウムの数値が下がっており一安心。
尿管を動かす薬も投与してくれたようで、それが効いたのかな?
(先生曰く、その薬の効果の有無は正直微妙なところらしい…)

右の腎臓の拡張も少しだけおさまっているようでした。
エコー写真には尿管の石も写っていました。
石の手前で尿管の拡張が確認できるため、
おそらくここで流れが悪くなっているのでしょう、と。


19-05-19-11-09-20-856_deco
ごろごろパール。


今日明日で手術できる病院(B病院)が見つかったため
転院したい旨を伝えたところ、転院の最終確認として
先生から直接B病院へと連絡を入れてくださいました。

今から受け入れ可能とのことで、正式に転院決定。

なんとかギリギリ午前中には到着できそう。
パールを連れてB病院へと向かいました。

一晩ぶりに見るパール、元気そうだった。安心した。



ちなみに、A病院では入院の前金として5万円を支払っていました。
検査代と一泊の入院代だけであれば5万はかからないはず。
少なくとも1万は返ってくるかな、なんて淡い期待を抱いていたら、
まさかの足がでてました。追加の支払い。ひぇーー。

もし5/1まで入院して、手術(何度も言うが相場の2倍の額)して、
術後1週間入院して退院…ってなってた場合!!

総額いくらよ!!!と、かなり冷や汗ものでした。
まぁ、しょうがないんだけど。それにしても高い病院だった。

手術まで⑩病院さがし

4月27日 夕方

A病院からの帰り道、ずっとネット検索をしていました。

SUBシステム手術ができて、GW中でも開いていて、
願わくば家からそんなに遠くない病院。


幸運にもそんな理想的な病院が見つかりました。


あとは5/1より前に手術ができるかどうか。
内科療法を続けつつ、状況に応じて手術に切り替える対応ができるかどうか。
金額的にも相場(A病院の半額)でできるかどうか。

早速、電話で確認しました。


19-05-18-12-09-23-224_deco
うっとりパール。膝の上からこういう顔で見上げられると動けなくなる。


電話口では血液検査の数値や、
現在までの状況を詳しく聞かれました。


4/30は休みだが、明日4/28の午後か明後日4/29の夜であれば手術できる。
金額は手術~退院までを含めてA病院の半分の額。
やっぱりこれが相場だよね。。。


明日、できれば午前中に来てください。
病院内でも共有しておきますので。


よかった、ほんとうによかった。
手術できる病院(B病院とします)が見つかった。

すでにA病院の診察時間は終わっている。
日朝一でA病院へ向かい、転院の相談をしよう。


パールは大丈夫だろうか。悪化してないだろうか。
容体が急変すれば病院から電話がくる。
着信音量を最大に設定した。

お風呂に入っていても携帯が気になって落ち着かない。
寝ようとしても30分ごとに目が覚める。

万が一のことはないだろうか。
2日連続であちこち連れ回して、たくさん検査して
ものすごいストレスを与えてしまった。
ちゃんと眠れてるだろうか。苦しんでないだろうか。
内科療法にかけてみたのは間違いだったんだろうか。


かかりつけ病院の先生が
「内科療法を続けるとなると、精神的にとても辛いですよ」
と言っていた意味がようやく分かった。


寝室のドアのところにパールがいる気がするけど、いるわけがない。
パールの鳴き声が聞こえる気がするけど、聞こえるわけがない。

こんな精神状態で過ごすのはムリだ。一晩ですらこんな状態になる。

5/1までなんて到底ムリな話だった。
パールがもつかどうか以前に、わたしがもたない。

パールのいない生活は考えられない。
このまま見守るなんてできない。生きて欲しい。


手術をしよう。

手術まで⑨A病院での決断

こんな状況でも手術に踏み切ることが出来ない理由。


19-05-16-19-34-40-122_deco
サッカー大好きパール。


・内科療法をあきらめきれない

まだ1歳4ヶ月の若い猫、体力もあるだろう。
A病院は設備が整っているため一晩中の輸液治療が可能。
(かかりつけ病院では一晩中は危険すぎるということで対応不可でした)

もう少し内科療法にかけてみたい。 
できればおなかを開くことなく治してあげたい。

とはいえ、5/1までもってくれるだろうか。
せめて次に手術できるのが2日後だったら迷うこともないのに。
4日後は長すぎる。もってくれるだろうか。堂々巡り。


・術後の不安要素

実際にSUBシステムを入れた猫ちゃんたちの術後の様子が知りたくてネットで検索してみると、
元気に過ごしてる子もいれば、数年で亡くなってしまった子もいて。

パールはどうなる?考えたところで分かるわけもないのに、
そんな意味のないことをずっと考えてしまう。

祖父が猫好きということもあり、
実家ではわたしが生まれる前からずっと猫を飼っていました。
わたしが実家を出るまでに合計三匹の猫がいたけど、
みんな長生きで、病院なんて行ったことがなくて。

「ど」がつくほどの田舎だから、半分外で過ごしてるようなもので、
猫は死に目を見せないじゃないけど体調悪いと隠れちゃうんだろうな。
弱ってる猫を見たことがないから、
猫は病気にならないって思ってるところがあって。

まだ若いのに人工物を入れられた状態で
生きていかなきゃいけないのって
動物の本能としてどうなんだろう。
このまま見守るのもありなんじゃないか。
でも助けたい。堂々巡り。


・金銭面

A病院で提示された手術の金額は
かかりつけ病院で聞いていた金額(相場)の2倍でした。

3ケタ、、、、です。

そもそも金額設定が高めの病院ではあるものの、
2倍となると「えぇ?なんで???」と思ってしまう。
術後~退院までに1週間、その間の入院費もかかる。
退院後の通院でもお金がかかる。
ざっと計算してみても結構な額になる。

あんまりお金のことは言いたくないけど、
現実問題そうも言ってられない。
2倍か。どうしよう。堂々巡り。


話し合いの結果、

もう少し内科療法にかけてみよう。
平行して他の病院も探してみよう。

となりました。

先生も納得してくれました。
外科医とも話したけど非常に微妙なラインらしく、
全面的に手術をすすめることもできない、と。

入院の手続きをして、輸液治療中のパールと面会をしました。

先生たちがすぐ側にいる場所での入院。
夜間救急もある病院だし少しは安心だな、そう思いました。

がんばれパール。

手術まで⑧A病院への転院

A病院ではこれまでの経緯をもう一度説明しました。
が、情けないことにわたしは涙が止まらず、ほとんど夫が話をしました。


たくさん点滴をしたのにおしっこが出ておらず、
膀胱内にもたまってないことを考えると
腎臓がちゃんと機能しているかどうかが気になる。
腎臓が機能していない場合、
SUBシステムを入れたところで意味がない。

(尿管内にぽつぽつと石があったため、
尿管を切開しての除去はすすめられませんでした)

腎機能の状態を見極めるのは非常に難しいが、
ここでもエコー検査をさせて欲しいということでした。

おなかの毛が邪魔になるらしく剃られました…ツルツル。


19-05-16-12-30-07-600_deco
猫ハウスからこんにちは。おにぎりと同じ柄なんです。


エコー検査の結果、はっきりとしたことは分からないが
腎臓はおそらく大丈夫そう(理由は忘れました)。
ただ、昨日より腎盂が大きくなっていて、腹水もたまってきている、とのこと。

むくんでいるというか、やけにまるいと思ってたけど
腹水のせいだったんだな。


SUBシステムを入れる場合は、左右両方に入れたほうが良い。
異物を入れるわけだから合併症のリスクがある。
今後一生、1~3ヶ月に1回、通院してのチューブ洗浄が必要になる。
比較的新しい治療法のため予後についての情報が少ない。
要はSUBシステムを入れて5~6年後に何が起こるのか、はたまた何も起こらないのか、
データがないため分からない、ということ。


SUBシステム手術のメリット・デメリットや詳細については
また別途書きたいと思いますが、ざっとこんな説明をされました。


「内科療法にかけるか、手術にふみきるか、
言い方は悪いですがどっちをとってもギャンブル要素が多い状況です」

そう言われました。

「せっかく来ていただいて、こんなことを言うのもなんですが
5月1日よりも前に手術できる病院を探すのも手かもしれません」


もう少し内科療法にかけてみて、
いよいよ難しい状態になったら即座に手術に踏み切る。
そんな理想的な対応ができる病院、見つかるだろうか。


その場では結論を出せなかったため、
一度診察室を出て夫と二人で話すことに。

今日手術をするかどうか、
遅くとも14時までには結論を知らせて欲しいとのことでした。


あと30分で決めなければ。
プロフィール

パールの飼い主

パール
2017年12月生まれ
ベンガル♀
+ + + + + + + + + + + +
2019年4月末、1歳4ヵ月でSUBシステム手術をしました。

Ranking


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
ギャラリー
  • 四十九日
  • 四十九日
  • 四十九日
  • 四十九日
  • 四十九日
  • 四十九日
  • かわいいギュスターヴくん
  • かわいいギュスターヴくん
  • 家のネコと野生のネコ
  • ライブドアブログ